敏感肌やアトピーの方のためのハンドケア

敏感肌やアトピーの方のためのハンドケア

 

手指自体が乾燥する季節は敏感肌やアトピーの方にも辛い季節です。

 

すでに荒れがひどくなっていて、どうしようもなくなっているというのが悩み、と言う方も多いかもしれませんね。

 

基本的に敏感肌もアトピーも肌を保護する皮脂が著しく不足しています。つまり肌の保護ベールが脆いのです。そのためにさまざまなものに肌が反応してしまうことによって、荒れてしまったり、肌トラブルが起こるのです。

 

このような肌の方はハンドケアをするにも、なかなかハンドクリーム自体で肌に合うものが少ないということも厄介ですよね。

 

しかしハンドケアの基本としては、水仕事を行うときでも、バスタイムにシャンプーをするときでも、使い捨てのビニール手袋をはめることを欠かすことができません。

 

とはいってもあわただしく、忙しい毎日を送っている方がほとんどなのですから、いちいち使い捨てのビニール手袋をはめるのも面倒になってしまいますよね。

 

そこで敏感肌やアトピーの刺激に弱い肌を保護するものを用意することにしましょう。

 

 

天然成分でできた洗剤やシャンプーに切り替えるようにする

 

 

昼間の保湿と保護のためには薬局やドラッグストアなどに売っている300円ほどのグリセリンを2〜3倍に薄めた液で何か仕事をした後や水を使った後の手指にやさしくつけてあげるようにしましょう。

 

なお基本的なハンドクリームには、ホホバオイルか馬油、スクワランがおすすめです。これらは肌を刺激する成分が含まれていないうえに皮脂に近いのでおすすめです。

 

なおこうした肌の方は、基本的には天然成分でできた洗剤やシャンプーに切り替えるようにすると、意外と荒れなくなってきます。現在は意外とこうしたものは高価なことが多いのですが、肌トラブルを避け、自分の手指を守るなら、切り替えてみましょう。