ハンドクリームはこまめにつける

ハンドクリームはこまめにつける

 

乾燥する季節に気になるのは手荒れではないでしょうか。

 

どんなに美しく、そして形よく爪を伸ばし、マニキュアをしていても、カサついていたら、魅力が半減してしまいますよね。やはりなめらかさをキープしたいものです。

 

美しい手指をキープしている方に共通しているのは、基本的にいつもハンドクリームを携帯していることです。

 

「顔のスキンケアはしっかりと行うのに、なぜハンドケアを怠るのですか?」

 

そう、このような方々は不思議そうにおっしゃいます。

 

考えてみれば確かに比較的に肌が丈夫なパーツではありますが、きちんとお手入れしているかどうかで差が表れてくるパーツだということは確かです。

 

パーツモデルでも特に「手タレ」と呼ばれるモデルは常にハンドクリームを携帯し、外出時は手袋をはめていることが常識になっています。

 

外出時にいつも手袋というのは、少々面倒ではありますが、今からでも始められる、手指のためのお手入れがあります。

 

それはこまめにハンドクリームをつけてあげて、保護膜を作って、うるおいを与えることなのです。

 

 

手袋をはめる代わりにハンドクリーム

 

 

紙を扱うことの多い事務職についていらっしゃる方、水仕事が多い職業にある方は、特に気を配って、お手入れを行うことをおすすめします。

 

「そんな時間はない」

 

「逆に手が脂っぽくなりそう」

 

とお考えになるかもしれません。

 

しかし荒れてしまってから、回復させるのは困難です。

 

特に手指を使わない日はないわけですから、少しは手間をかけてあげることも必要になってくるのではないでしょうか。

 

いわば手袋をはめる代わりにハンドクリームといううるおいのベールで保護する必要が出てくるのです。