消毒剤を使ったらハンドクリームを

消毒剤を使ったらハンドクリームを

 

インフルエンザが猛威をふるう季節になると、職場などで消毒剤を使うことが義務付けられることもありますよね。

 

この消毒剤は肌には強力で、非常に手指を荒らしてしまうのが困ったところです。

 

実際に頻繁に使うことが義務付けられていて、手荒れを起こしてしまい、お悩みの方も少なくはないはずです。ひどい方になると、ひび割れを起こしてしまうこともあります。

 

この事態を回避して、美しくなめらかな手指をキープするためには、ハンドクリームでケアしていくしか方法はありません。

 

消毒剤は確かに殺菌してくれますが、その分、皮脂やうるおいを奪ってしまうので、ハンドクリームで油分やうるおいをプラスするというわけです。

 

いうなれば使ったら、またつける、という繰り返しになっていきます。

 

面倒に感じるかもしれませんが、荒れてしまうことを防ぐにはこの方法しかありません。

 

まさか使い捨ての手袋をはめて仕事をするというのも、普通の職場では難しいことですよね。

 

そこで見えないうるおいの手袋をつかうというわけです。

 

するとなかなか荒れないようになっていくはず。

 

 

自分の肌に合うハンドクリームを持つようにする

 

 

殺菌効果の高い洗浄剤を使う場合も同じことが言えます。きちんと水分を拭き取ったら、つけてあげながら、マッサージするようにしましょう。

 

この場合は素早く肌になじむようなタイプを選びたいものですが、しっかりとすり込むようにマッサージすれば、べたつくことはすくなくなります。

 

そこで携帯用に自分の肌に合うハンドクリームを持つようにすることも、インフルエンザの広がっていく季節では、マスクと同じくらい大事なのです。