荒れやすい手指をどう守る?

荒れやすい手指をどう守る?

 

雑誌の広告、テレビのCMなどで、はっとするほど、美しい手指を見ることがありますよね。

 

こうした仕事を担っているのは、パーツモデルと呼ばれている方たちです。

 

多くの場合、やはり最大限に自分の最大の財産であり、言葉は悪くなりますが、「商売道具」である手指は慎重に使っています。

 

ところがやはり手を使わずに生活することは不可能ですよね。

 

それにいくらパーツモデルだからといっても、生活しているわけですから、仕事以外では手指を使わない、ということもできません。

 

そこでどのようにして荒れから守っているのかと調べてみました。

 

多くのパーツモデルは、基本的に炊事、洗濯のような家事の際には手袋を使用しています。直接、洗剤などがかからないように心がけるだけで、かなり荒れないのです。

 

加えて、ちょっとでも乾燥を感じたら、ハンドクリームを伸ばして、マッサージしています。すると肌にうるおいがプラスされ、またマッサージの効果で、むくみもなくなります。

 

 

出来るだけ冷やさないよう心がける

 

 

このようなハンドケアは日常的に行っていて、普段からも手袋で外気に触れないよう、気を配っています。夏でもUVカット効果のある手袋をはずしませんから、乾燥が激しくなる季節になったのであれば、なおさらです。

 

その手袋をはめる前にはハンドクリームをよくなじませて、保護膜を作っておきます。そうすると、また荒れを防いでおくことができます。

 

また面白いハンドケアとしては、気温が下がることでも肌は荒れていくので、出来るだけ冷やさないよう心がけているのです。

 

面倒かもしれませんが、ちょっと毎日のハンドケアにプラスしたいですよね。