ネイルケアの基本的なこと

ネイルケアの基本的なこと

 

最近ではネイルカラーを施していない方のほうが少数派になっているのではないでしょうか。実際に色々と可愛い色が揃っていますから、ついつけてみたくなりますよね。

 

しかしながらこうした可愛い色のネイルカラーも基本となっている爪が健康でなければ、美しくはありません。爪がなんだか不調だから、カモフラージュのために塗る、というのはあまりおすすめできないのです。

 

そこでやはり基本的なネイルケアを行って、健やかで美しい爪を取り戻すようにしませんか。決して難しいことではありませんし、基本的な習慣にしてしまえば、簡単なものなのです。

 

まず一番実行しやすいケアとしては、ハンドクリームをこまめに使うことです。

 

しかもただ手指につけてマッサージするのではなく、爪を意識してつけてあげるようにします。このようにすると、爪周りの皮膚もかなりささくれなどのトラブルが解消されていきます。

 

 

夜のネイルケア

 

 

そして夜のケアとしては、手持ちのハンドクリーム にホホバオイル やオリーブオイルなどを適量まぜて乳液状にしてから、爪や爪の根元、周りに丁寧にマッサージしながら塗ってあげるようにしましょう。

 

このケアをするだけで、かなり爪が生き返っていきます。

 

丈夫できれいな爪になるまでは少々時間がかかりますが、根気よく続けることがポイントです。 またネイルカラーを使って、リムーバーで落とした後も、このケアをすかさず行ってあげるようにすれば、かなり爪へのダメージが軽減されるのです。

 

顔のスキンケアを丁寧に行うことと同じように、ネイルケアにも十分な時間を与えてあげてこそ、美しい爪になっていくのです。

 

また爪のコンディションが良くない場合は、このネイルケアを夜に行ってから、木綿などでできている手袋をはめてねむるようにすると、かなり回復していきます。

 

これは実際にハンドモデルが日常的に行っていることです。爪の美しさを保っていることも、日々の積み重ねなのです。