自分のキャラクターに合ったネイルをしよう

自分のキャラクターに合ったネイルをしよう

 

現在、どのようなヘアスタイルで、メイクもどのようなイメージで、また自分のファッション傾向を客観的に見たことはありますか?

 

たとえばナチュラルでエアリーなヘアスタイルで、メイクも素顔っぽく、ファッションもカジュアルな方が長い爪で派手なネイルカラーでは、爪だけが浮いてしまいますよね。

 

逆にフェミニンなヘアスタイルに、女性らしさを強調したメイク、いわゆる「愛され系」のファッションの方がデコラティヴなネイルでも違和感があります。

 

つまりネイルも自分のキャラクターの一部と考えて選んでいくべきなのです。

 

ファッションに合わせて、メイクやヘアスタイルを工夫していくことと同じなのです。

 

アウトドアで長い爪で真っ赤なネイルカラーはなんとなく不釣り合いですよね。逆にドレスアップしたときに切りっぱなしの爪では手元がさびしい感じになってしまいます。

 

意外とネイルカラーのおしゃれは長続きするものですから、デイリーなファッションはどうなのかを客観視してから、選ぶべきでしょう。

 

元気なキャラクターであるならば、短めに整えた爪に鮮やかなネイルカラーもいいでしょう。また落ち着いたキャラクターであると感じたのであれば、控えめにして、優雅さを強調してみることがおすすめです。

 

長い爪のほうが美しいというのは間違い

 

確かに長い爪は美しいのですが、これもキャラクターにあっていなければ、本当におしゃれとはいえないでしょう。

 

そこで考えておきたいのは、デイリーな自分はどういうキャラクターであるかということなのです。ポップでアバンギャルドなムードがあるのか、フェミニンで優雅な雰囲気を醸し出しているのかで、ネイルの長さや形も選んでいきたいものです。

 

そこであまりにも長い爪はやめましょう。爪が指についているピンクの部分の5分の1くらいの長さが変化をさせやすいのでおすすめです。この長さがあればつけ爪も安定します。