爪の形の基本と種類を覚えよう

爪の形の基本と種類を覚えよう

 

ネイルカラーを塗ってあげる際に、自分の爪の形を意識したことはありませんか?

 

大きく分けておきますと、爪の形の種類は5つあります。この基本を覚えておけば、自分の手に似合う爪を形造っていくことが出来るようになります。

 

スクエア

 

 

その名の通りに長方形に形を整えたものです。ネイルアートやつけ爪などでよく使われている形です。しかし本当に自分自身のもので作ろうとすると、生活するには邪魔になってしまいます。そのために華やかな席に出席するときだけにしておくほうがおすすめです。

 

スクエアオフ

 

 

これはスクエアの角を丸くしたものです。ネイルサロンでお手入れをお願いすると、この形に整えていただくことが多くなります。スクエアよりも邪魔になりません。またネイルカラーもネイルアートも映える形です。

 

ラウンド

 

 

スクエアオフをさらに丸くしたもので、とても上品な印象を与えてくれます。この形は短い状態でもきれいに見えますから、今、伸ばしているという方にもおすすめです。なお、この形がどなたにでも似合う美しい爪の基本だともいえます。

 

オーバル

 

 

ラウンドをもっと丸くして、卵のように形を整えるタイプです。少し長めに伸ばして作りたいタイプです。女性らしい印象に変わるタイプです。しかし細くなっているので、少々弱くなってしまうので、普段から気を配らなければなりません。

 

ポイント

 

 

オーバルの先を細く整えた形で、確かに美しいのですが、今はあまり流行の形だとはいえません。また先が細くなっているために、割れやすく、家事を行う際にゴム手袋をしても、割れてしまうことが多いのが弱点です。