ネイルカラーを長持ちさせる方法

ネイルカラーを長持ちさせる方法

 

お気に入りのネイルカラーを久しぶりにつけてみようとしたら硬くなっていた、という経験はないでしょうか?

 

このときに「マニキュア薄め液 」というもので薄めるという方法もありますが、本来の色に戻せるかどうかには不安が残ります。また実際には爪の健康のためにもよくはありません。 ですから、硬く変質してしまったネイルカラーは潔く処分しましょう。

 

では変質させないためには、どのように保管すればいいのかと言いますと、基本はふたをきちんと固く締めることです。それから直射日光があたらない涼しいところを保管場所に選びます。

 

そして毎日、きちんとネイルカラー液が混ざるように、軽く振っておくようにします。するとかなり最後のほうまでなめらかに使うことができます。

 

爪を美しく長持ちさせるには

 

また爪に塗る場合、ベースコートを塗ってから、ネイルカラーを二度塗り、そしてトップコートというように仕上げておきましょう。乾かすことに時間がかかりますが、美しく長持ちさせるためは必要なことなのです。

 

そして毎日、必ず爪にトップコートを塗ってあげるようにすると、かなり長い間、剥がれずにきれいな状態を保つことが出来ます。

 

面倒ではありますが、頻繁に塗り替えるよりも、このほうが爪には負担が少なくなります。加えて剥げかかってきても、トップコートのツヤでカモフラージュできるのです。

 

どうしてネイルカラーを使うと爪が傷むのかというのは、実はリムーバーで爪を乾燥させてしまうことが原因なのです。

 

ですからリムーバーの使用回数を減らせば、あまり爪は傷まないのです。 なお剥がれても目立ちにくいのはピンクベージュです。忙しいけれどもネイルのおしゃれをしたい方にはおすすめの色です。