つけ爪の正しいつけ方

つけ爪の正しいつけ方

 

つけ爪(人工爪)には色々と種類がありますが、一番、使いやすいタイプはネイルチップと呼ばれている、ネイルアートが出来あがったつけ爪です。

 

このタイプは使い方によっては、何度でも使えますので、結果的には楽しめるのでおすすめです。

 

ではどのようにこのつけ爪をつけるのか、といいますと、両面テープで貼り付けるのです。この方法はかなり爪へのダメージが少ないのです。

 

なかには爪の接着剤であるネイルグルー で直接つける方法もありますが、ネイルチップを取り去るときにかなり爪を傷めてしまいやすいですし、つけ爪が一度しか使えなくなってしまいますので、あまりおすすめできません。

 

 

市販の両面テープを使おう

 

 

まず爪の表面をアルコールなどで軽く拭き取って皮脂や汚れを落としてから、両面テープをつけたネイルチップを貼り付けます。

 

このときに使う両面テープは市販のもので十分です。

 

 

貼り付けたら、軽く押し当てて、固定してあげましょう。すると爪にきれいに未着しますから、あっという間に長く美しい爪が出来あがるわけです。

 

この一番、爪にダメージを与えない方法であっても、外すときに強引に引き剥がしてしまったら、やはりダメージが起こってしまうので、気をつけましょう。

 

お湯にしばらく漬けて、良く両面テープをふやかしてから、ネイルスティックなどを爪とネイルチップの間にそっと入れて、剥がしていきます。なかなか剥がれなかったら、再度お湯に漬けてあげてください。

 

使った後の爪はやはり疲れて、油分が不足していますから、丁寧にネイルオイルやキューティクルオイルを使い、やさしく根元から保湿するように、マッサージしてあげることも忘れないようにしましょう。

 

また長い期間つけっぱなしにすることは、爪にダメージを与えます。ですから一日の終わりには、きちんと取り外してあげましょう。