爪のアンチエイジング方法

爪のアンチエイジング方法

今までつややかでふっくらとしていた肌が、ある年齢を迎えると、お手入れ不足であれば、しぼんできてくすみなどもでてきますよね。

 

爪も同じなのです。お手入れが不足すれば、やはりつやのない爪になってしまいます。

 

極度の食事制限を課したダイエットでも爪は老けこんでしまいます。

 

ではどのような状態が爪の老化が始まったしるしなのかと言いますと、まずつやを失ってしまうこと。爪に弾力性がなくなり、折れやすく、欠けやすくなること。最後に爪に縦じわが走るようになることです。

 

これはもう回復できないのか、といえば、きちんと肌をお手入れすればまた回復するように、爪も回復します。

 

そこで爪のアンチエイジングとしましてはネイルケアに時間を割くようにすることです。これは別に毎日手を保湿パックすることではなく、ネイルオイル をつかって、根元からしっかりと保湿を行ってあげるだけでいいのです。

 

ネイルオイルが手に入らなければオリーブオイルやホホバオイルで代用してもかまいません。また爪にも効果的なハンドクリームを使うこともおすすめです。※→ホホバオイルトライアル

 

爪のケアは食事から

 

そして最大のアンチエイジングを考えたネイルケアになっているのは、食事なのです。

 

カルシウムを摂ることはもちろんですが、爪自体を作りだす原料になるたんぱく質と丈夫にする効果のあるビタミン類も欠かすことができません。

 

食事をおろそかにしていたら、どのような贅沢なネイルケアをしてあげても、なかなか元のつややかで丈夫な爪には戻れません。ですからバランスの良い食事が最も効果的な爪のアンチエイジング法になるわけです。

 

いったん老化した爪であっても、きちんとネイルケアすることと、バランスの良い食事で回復させることが可能なのです。