爪が欠けてしまったら

爪が欠けてしまったら

 

せっかく美しく伸ばしている爪が何かの拍子で欠けてしまうこともありますよね。

 

この場合、爪のコンディションが良くて、もともとの爪が丈夫であれば、爪専用の接着剤でなんとかつなげることもできます。

 

 

どのように使うのかと言いますと、欠けている爪に爪用接着剤をつけ、欠けている爪を元通りにつけるのです。

 

この際に爪の表面に爪用接着剤の盛り上がりが出来ますので、軽くネイルファイルで表面を整えておく必要があります。

 

それが出来たならば、ベースコートを塗り、乾かしてからネイルカラーを二度塗りして、トップコートを塗っておけば、無事に爪は修復できます。

 

爪が弱い人は

 

 

しかしながら爪があまり丈夫ではなく、爪用接着剤が使えない方も多いのではないでしょうか。

 

この場合は残念ながら、またネイルファイルで丁寧に削り落して、欠けた爪を短く整えることのほうがおすすめです。

 

削って長さを短く整える際には、ゴシゴシと乱暴に削り落すのではなく、爪にネイルファイルを45度に当て、一定の方向に向かって削っていきます。

 

長さがきれいに整ったら、もちろん、手指を清潔にしてから、ネイルオイル でしっかりとケアしてあげれば、短くなっても気になりません。

 

ちなみに、実際は爪が何かの拍子にかけてしまう場合は、爪が弱いということの他に、その長さがもう自分の爪には限界なのです。基本的には爪はピンクの部分の3分の1くらいまで伸ばすのが、美しく丈夫な爪にしておく限界なのです。

 

中にはネイルサロンでつけ爪をなさる方もいらっしゃいます。

 

この場合はネイルケアとつけ爪をしてくださった施術者の方に、これからどのようにしてケアしておくといいかを伺っておきましょう。すると爪の美しさは長持ちするのです。