爪をきれいに伸ばす方法

爪をきれいに伸ばす方法

爪は1日で0.1ミリ伸びていきます。

 

ですから、丈夫な爪になるには少なくとも半年はかかるのです。

 

ではどのようにすればきれいに爪が伸びるかと言いますと、きちんとした食事とこまめなネイルケアが重要になってきます。

 

爪や髪は栄養が最後に回されますから、結果が出るまで時間がかかるのです。そこで諦めずに、根気よく、爪を育てていくようにしましょう。

 

バランスのとれた食事が肌にもいいのですが、爪にも効果的です。

 

特に爪と言えばカルシウムと浮かぶ方も多いかもしれませんが、爪のもとになるケラチンを作るたんぱく質と爪を美しく丈夫にするビタミン類を欠かすことはできません。

 

そのためにたんぱく質も脂身が少ない部位を選び、ビタミン類は野菜などでは摂り切れない場合もありますから、サプリメント で補ってもいいでしょう。

 

爪周りのささくれ対策

 

そしてネイルファイルで丁寧に爪を削って、二枚爪にならないようにネイルオイルを使ったケアも重要になってきます。

 

いわば髪にトリートメントをしたり、肌にクリームを塗ることと同じようにこまめにしてあげるようにしましょう。すると爪周りのささくれもなくなりますし、次第に爪そのものもきれいに伸びていくようになるのです。

 

顔や体の肌の清潔さを保って、保湿ケアを行うように、爪も清潔に保ち、ネイルオイルでしっかりと保湿してあげるという手間をかけてあげたならば、きちんときれいに爪は伸びていきます。

 

いうなれば手をかけた分だけ、美しくなっていくパーツが爪だとも言えるのです。ただし焦らないで気長に伸びてくるのを待つようにしましょう。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、顔にスキンケアをする感覚で習慣づけることが出来たら、つややかで丈夫な爪に変わっていきます。